病気・闘病

ようやく・・・

P1030089
冷え込んだ朝の多摩川では、カワウ達が朝日に当たって気持ちよさそうです。
日本動物高度医療センタ-に通って一か月。
お薬を休んで一週間。
なんとなく良くなっているように思っていますが・・・果たして。

小さいシコリはまだありますが、最初のポッコリを摘出した痕なので、心配はないそうです。
お薬を休んでも変化がないようなので、ひとまず今日で一段落ということになりました。
あとは今のシコリに変化があった時は、すぐに連れてきてください、とのことです。

良かったね、よく頑張りました。 
惟茂がナチュラルママから受け継いだ力が助けたのでしょう。 ママに感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病院だけどお出掛け満喫

P1030055
日本動物高度医療センタ-へ三度目の診察に行きました。
駐車場が混むので、パパが早く着くように頑張ってくれました。
時間があってお天気がいいので、多摩川の河原を一家揃ってノンビリ散歩。
地元のワンコさんとご挨拶して、少し遊んでもらってから受付に行きました。
P1030054
もっと遊んでもらいたかったなぁ・・・
今日の診察ではシコリの大きさを測って、だいぶ良くなっているので今週はお薬をお休みしてみることになりました。
お薬を休んでみて、シコリに変化が出ないようならば一区切りにしてみましょう、ということになりそうです。
今あるシコリはそのまま残るけれど、瘤取り爺さんにはならずに済みそうなのでヨカッタ。
P1030062
診察が早く終わったので、パパが駒沢公園に連れて行ってくれました。
明日ここでランニングのイベントがあるからか、たくさんの人がランニングをしていました。
そして駒沢公園といったらココ。
Jumble design Man さんにいかなくっちゃ! http://jumbledesignman.jp/

僕のクリスマスプレゼントにって、ママが「ガラブルパ-カ-」を買ってくれました。
ママとパパがあれこれ見ている間、僕は匂いが気になって仕方がなかったので、椅子のパイプ部分をカジカジ。
P1030065
P1030064
ねぇねぇイビ-フママさん・・・ それ僕のですか?
ブヒ玉パ-カ-のサイズが無かったのがとても残念です。
また来ますから、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二回目の診察日

P1020997
日本動物高度医療センタ-・腫瘍科での二回目の診察日です。
今日は予約時間より早めに到着できたので、多摩川の川沿いをお散歩できました。
2011年の夏、惟光と休憩した木陰を作ってくれた大樹。
2012年の台風で折れてしまい、無残な姿を晒していました。
危険ということで、その後伐採されました。
2013年の冬、大きな切り株からたくさんのヒコバエが伸びていました。
P1020999_2
惟茂は初めての多摩川沿いのお散歩で、ニオイチェックに余念がありません。
P1030001
足が上がっていませんが「惟茂見参」の印をしっかりつけてきました。

漿液の量は1cc程度まで減少、硬くなっている部分もだいぶ凝縮してきています。
お届けした標本と先週の検査資料とを比較して見ていて、シコリの発端となったのは微細な異物が入ったことに反応してできた物でしょう、ということでした。
毎回針を刺して検査をしていますが、惟茂は案外いい子でおとなしくしているようです。
投薬を続けて経過観察、ということで一週間後にまた診ていただきます。
悪性ではない、ということが分かっているので気分的に余裕があります。
いまの塊が小さくなってくれるといいのですが・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今はこんな感じです。

P1020991
明日は日本動物高度医療センタ-での二度目の診察日です。
掛かりつけの獣医さんで今の具合を診ていただいて、摘出したシコリの標本をお預かりしました。 
明日、忘れずに持って行かないといけません。
もう漿液は溜まらなくなっているようです。
そのかわり塊のような手触りになっているので、良くなっているようなのに心配です。
惟茂、明日も検査で大変だと思うけど、一緒に頑張りましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プックリ その⑨

週末のプックリは破裂するかと思うほどで、ブックリのてっぺんが赤くなっていたのですが・・・
今朝のプックリは少し萎んできているように見えます。
どこかでパンクしたのではないか、と心配になって獣医さんのところへ飛んでいきました。
パンクしたのではないので大丈夫、と言われて一安心。 
お薬の効果が表れてきたようです。
P1020984
なんとなく本人or本犬?もホッとしたような余裕?があります。(ホントかな・・・)
P1020982
ホッペのキズもきれいになって、剃られた毛もだいぶ生えてきています。
6日の診察日までに、もっと小さくなってくれるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきました。

およそ一年ぶりで『日本動物高度医療センタ-』に行ってきました。
惟光と足かけ一年三ヶ月の間に何度通ったことでしょう。
最後に入院した時は毎日通ったっけ・・・
P1020960
検査や治療をしている間は4階のラウンジで待っているのですが、スッキリした晴天の多摩川河川敷を眺めているうちに、惟光と通っていた時のことを思い出して一人密かに泣いてしまいました。
P1020962
漿液を抜いて詳しい検査をしていただきました。 
結果は一週間後に出るそうです。
担当の先生は腫瘍科ですが、悪いものではないということは確かなようなので、気持ちに余裕があります。
診断は「漿液貯留」と病名が書かれていました。
手術の時に内側を縫った糸に反応している、極細い唾液腺から液が出ている、などの可能性があるかもしれないという説明がありました。
惟茂の回復力と極細い唾液腺が活動を停止することを期待しながら、この一週間お薬をキチンと飲みましょう。
少し時間をかけても改善がみられなかったときは、シコリがあったところが空の袋状になっているので、そこをさらに大きく取り除くようになるそうです。
自分の力をフルに使って、再手術にならないように・・・ 頑張れ惟茂!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プックリ その⑧

P1020959
プックリの最終チェックを兼ねて獣医さんのところに行ってきました。
明日の検査に備えてプックリから漿液を抜くのは止めました。
気のせいかもしれないけれど、漿液の増え方が緩やかになろつたように思います。
が、全ては明日の検査結果次第です。 

惟茂、初試練だと思うけど、きちんと調べていただきましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プックリ その⑦

抜糸したおかげで、手術痕の腫れ・引き攣れがひきました。
今朝は、案外期待が持てるかも・・・と思ったのですが、やっぱりプックリしてきました。
P1020957
固かった部分が解れてみると、プックリが元あったシコリの位置に戻ったように見えます。
もう何が何だか分からなくなってきています。
P1020236
7月の惟茂の顔です。 
早く原因を突き止めて、元のお顔に戻ってくれるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プックリ その⑥

P1020945
ペロリンチョ! お分かりでしょうか? 惟茂、抜糸できました。
プックリは、相変わらず漿液が溜まっています。 
院長先生は、いろいろ考えてくださった結果、惟光がお世話になった『日本動物高度医療センタ-』で、プックリを詳しく調べていただくことになりました。
29日(金) 9:30~ という予約を入れてくださったので、頑張って惟茂と二人で行ってきます。
惟光が退院したとき以来、およそ一年ぶりの医療センタ-への道のり。
泣かないようにしなければ・・・

抜糸が済んだので、まだお許しが出ていないのだけれど、bodyだけをシャンプ-しました。
頭・顔・耳はまだシャンプ-できないので、ホットタオルで拭くことしかできませんが、惟茂はサッパリして気持ちよくなったのか、いつもより寛いだ様子で寝ていました。
惟茂も、きっと不快な思いをしていたのでしょう。 あと少しの辛抱だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プックリ その⑤

今日のプックリ具合は、23日の朝よりもちょっぴり小さいような気がします。
P1020939
この程度の脹らみで治まってくれればいいのだけれど・・・ 
P1020944
お散歩の途中、お誕生日が惟茂より4日早いコテツ君に会いました。
ハイパ-コレとハイパ-コテツのご挨拶は、とても激しいものでした。
コテツ君13kg  惟茂10.4kg  惟茂が細マッチョだということが分かりました。

惟茂のプックリの状態は相変わらずですが、少しづつ改善しているようにも見えます。
さて・・・ 明日の診察ではどうなることでしょう。 ママはとても心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧